国指定の難病

元野球選手が胸椎黄色靭帯骨化症であると判明したそうです。」
激しい腰痛で歩行も困難になる国が指定する難病で中高年層に多く発症します。
胸椎とは胸の後ろ胃の後ろの背骨のところです。
骨のように硬くなった黄色靭帯がせき髄を圧迫します。
何故、神経が圧迫されるほど硬くなるのかが不明の難病です。
足の進みが悪くなってしまういます。
気付かないうちに症状が出ている場合もあるのです。
年齢によって歩き方がおかしいと本人は思ってしまって病がみつかるのが遅くなってしまいます。
初期で発見されれば保存的な療法で安定することが出来ます。
しかし放置後に発覚すると脊髄の圧迫が強い場合がありその時は手術が必要です。
神経にくっついている場合があって慎重に取り除かなければならない。