モップの精は旅に出る

清掃婦、キリコの最後のシリーズを読みました。
「モップの精は旅に出る」という本です。
作者さんのあとがきによると19年で5冊のシリーズだそうです。
犯人を捕まえる探偵役でもあるキリコ。
主人公は他にいて脇役として出てくるパターンの短編でとても読みやすいです。
見た目はギャルっぽいけど中身は違う。
彼女が好きだし友達になりたいですね。
そしてシリーズ中に結婚した旦那さんも素敵なんですよ。
このキリコにして、お似合いでありうらやましい旦那さんです。
最後の話しは”嫌な人間”ってどこにでもいるよね、と苦い気持ちにさせてくれるものでした。
でもこの二人なら大丈夫だって思いました。
もっとシリーズを続けて欲しい気持ちもあり残念です。