リポーターは恥を知るべき

数年前までは松岡修造さんの熱すぎるキャラクターが少々うっとうしくて好きではありませんでした。
でもスポーツ関連の応援での彼を知るようになってから好きになりました。
仕事やその場限りの印象ではなく、本心から応援しているのがわかるからです。
女子フィギュアスケートの宮原選手はメダルに手が届かず惜しくも4位でした。
フリーが終わり4位が確定してから、開口一番で「ショートもフリーも自己ベスト、おめでとう!」と松岡さんは声をかけました。
そして宮原さんの笑顔を引き出します。
男子で金銀をとった日本で、こう言うのはずるいかもしれませんが、フィギュアは相手がどうこう言うよりも自分に勝つかどうかだと思うんです。
メダルが全てではなく彼女はやりきりました。
「残念な結果になりましたが」と話しかけたリポーターは恥を知るべきです。