咄嗟にどういう行動をすればいいのか

大地震がきたときに咄嗟にどういう行動をすればいいのか。
もうこれは日本にいる以上は子供とかお年寄りとか関係なく、どんな人でも瞬時に行動できるようにしていなければなりませんね。
ドアをあけて避難通路を確保する、倒壊するものの近くには寄らない、窓にも注意。
でも咄嗟に行動するのは非常に難しいので窓ガラスの飛散防止対策などは必要です。
1メートル×1メートルで7000円から10000万円します。 
自分で完璧には出来ないから仕方がないとはいえ高いですよね。
防災ガラスにするのは90センチかける180センチは6万円から。
簡単にできない場合は厚手で余裕のあるカーテンで飛散防止をすることでも有効的です。
これくらいだったらすぐにでも出来ますししないよりはマシですね。