不幸な事故

身近な誰かが亡くなったわけではないけれど
「車が衝突し、二歳児挟まれ死亡」
記事のこの一文で涙があふれました。
私がその子と替われたらと思ってしまいましたが、それこそがおごりでありエゴであり、どうしようもない考え方です。
そうは分かっているのに、自分の人生よりはそのお子さんの方が尊いものだと思ってしまいますし、ご家族の悲しみはつきないでしょう。
子供が亡くなる事故は自分の身内ではなくても悲惨なものです。
自分の今の現状ならばって思っちゃったりするのはダメですね。
優しいふりとか偽善のむりとかいろいろ考えてしまい落ち込みます。
子供が亡くなるなんて悲劇は起こって欲しくない。
みんなが幸せでいられる世の中がいちばんです。

コメントは受け付けていません。