自分で見極めなければ

コロナウィルスに感染してしまうと家族ですら近寄ることも、顔を見ることも出来ない。
苦しむ家族の力にもなれない。
そして亡くなってしまう時ですら、その瞬間にも立ち会わせてはくれない。
突然死も怖いけれど、こんな悲しいお別れなんてないですよね。
この事実を知ってもまだ自分勝手な行動に出る人はいるんでしょうか。
SNSを使うことが普通になっている世代ならば、ネットにあふれるコロナ情報に目を向けてほしい。
もちろんデマもあるので、たくさんある情報の中からある程度は自分で正確な情報であると判断しなくてもならない。
知らない単語はネットですぐに出てくるという利便性もあるのだから、その先は自分で見極めなければなりませんね。

リクルートドクターズキャリアって人気サイトらしい

私は普段はコンビニでバイトをしています。仕事は単純で毎日が同じことの繰り返しです。とても楽ですが、途中で飽きてしまうわけですね。そんな中知人が医師として働いているということを聞きました。すごいなーという感想と共に何だか自分との差を感じてしまい虚しい気持ちになりました。生きかたなんて人それぞれなのだから気にする必要は無いということは考えればすぐに分かることなんですけどね。ただ医師の日常が結構気になったので、知人に聞いてみることにしたんです。そこですごい生活をしていたら、さらに差を感じることになるので、あまり聞く必要はないのですが、やはりとても気になるところでもありますからね。

すると知人に医師は「普通の人と変わりませんよ。遊びにも行きますし、映画にも行きますからね」と回答がありました。もっと豪快な生活をしていると思っていたのですが、私となんら変わることがありませんでした。これはとても素晴らしいことではないでしょうか。ようやく私のモヤモヤが晴れることになりました。何だか自分がちっぽけだなって改めて思うことにもなりましたけどね・・・。

そんな医師にサイトってどういうサイト見るの?と聞きました。するとリクルートドクターズキャリアやエムスリーとかのサイトを大半の医師が使っているそう。そういうサイトかは「リクルートドクターズキャリア(医師転職)の口コミ・評判は?」などにも書いてありますね。

医師って転職なんかするの?と思うかもしれませんが、医師として就職する人を私の周囲で確認することができませんでしたが、ネット上には結構見受けられますね。例えば地方を中心に医師不足が深刻ですね。ネット上に掲載されていた医師は東京で仕事をしているのですが、どんどん同業者がいなくなっていく地方に転職をしたようです。地方の医師の多くは高齢により辞めたという人が多いようです。過疎化も進んでおり、開業したところで収益が上がるかといえばそういうわけでもないようですので色々難しそうです。こういった場合に需要と供給の関係から医師転職が行われるようです。東京から地方に年収アップなどを目的に転職するわけですね。リクルートドクターズキャリアなどのサイトの出番ですね。それにしても医師専門の転職サイトの待遇のよさには驚かされます。都心部よりも地方のほうが人不足ということは明らかですが年収2000万越えとか普通だと考えられないですね。

医師の転職も今はふつうです。リクルートドクターズキャリアやエムスリーとかのサイトを活かしていくことを常に医師は考えているようです。それはそれで素晴らしいことですので、応援をしていきたいですね。

中国発のコロナウィルス

年が明けてから中国発のコロナウィルスの話題ばかりでいやになりますね。
職場でも家でもテレビの中でもネットの中でもこの話しばかり。
人にうつるといってもインフルエンザみたいなものだと思いますけど、特効薬がないというのと感染しやすいということで脅威ではあります。
東京オリンピック中止の可能性まで出てきちゃって、そこらへんのことを政府は楽観視していたら本当に中止になるかもしれませんよ。
日本の損害も怖いけど、オリンピックを目指してきた人にとっては最悪ですよね。
そんな中、職場で電話の配線変換のために業者さんがきたんです。
そしたらその作業員さんの中に咳をしている人がいて・・・・
空咳じゃなくて、痰がからむようなけっこう本格的な咳をしていたので心配になりました。

意味不明の事件

島根県に親戚がいる身としては、出雲で起きた人質事件はなんとなくひとこごとではありませんでした。
松江なので出雲とは関係ないですし、その会社も初耳でしたけどね。
人質と犯人が離れているというレアケースで、犯人が落ち着いているという事に違和感があるとのことでした。
海外ドラマばかり見ている私としては、銃を持っているわけではないんだから突入しちゃえばいいのにと思いました。
凶器と言っても飛び道具じゃないんだからさ、突入しても誰も負傷しない可能性の方が高いでしょう。
なんて、フィクションを見て意見しちゃいけませんね。
解決してみたら捜査員と談笑するくらいだったとか、事件を起こした意味がさっぱりわかりませし、なんだったんでしょうか。

壁に備え付けのストーブ

だましだまし使っていたストーブが!ついに!つかなくなりました。
いや、故障じゃなくて。
恥ずかしながら「フィルター掃除しなさいよ!」ということです。
たまにエラー音と共に止まることはあったんです。
でも消して付ければついたんです。
ネットで調べたらおそらくフィルターの掃除をしていないせいで自動制御機能によって止まるみたいです。
とりあえず簡単にはずせるフィルターを外してみたら、予想に反して全くと言っていいほど埃がついていませんでした。
コレじゃなさそうだな、という気はしていましたが試し運転はせず。
夜になってつけたら動くのでそのまま使っていたら、やっぱり途中でエラーですよ。
壁に備え付けのストーブなので明日掃除します。

山本山みたいな名前

取引先の男性の苗字は普通に知っているものです。
しかし、下の名前の方を知る機会がありましてとても驚きました。
それは、山本山みたいな名前なんですよ。
つまりその漢字は上から読んでも下から読んでも同じという名前です。
芸能人とかペンネームならともかく、本名ですよ。
社長クラスだから若くないはずはないんですよ。
だから親も今時の人がノリ?で子供に名前をつけるような年齢じゃないはずです。
それなのにこの名前。
冗談かと思っちゃいました。
これは、この名前を受け入れるのが容易だったのかどうかすごく気になります。
思春期の頃はどうだったのか?
本人が面白いと思っていて、家族仲が良好であれば話しのネタになりいいです。
でも本人が嫌だったとしたら、そりゃそうだろうと同情します。

靴なんかは簡単には洗えない

潔癖症のつもりはありませんが、モコモコの裏地付きとか靴の中に毛足の長いものがあって暖かいよ!とかいうのが売りのものは嫌いです。
洋服は簡単に洗えるけど靴なんかは簡単には洗えませんよね。
しかも中が乾きにくいとなったらおそらく、洗わないでしょう。
買った年のシーズンは良いけど、次のシーズンだって使用したいと思うはずです。
でも、その時には目には見えなくてもダニだらけだと思うんですよね。
靴の中に入っているのがあるやつをモカシンと言うんだと思っていたけどネットで調べたら靴の形のことで全く違いました。(笑)
とにかくダニとか虫とか想像するだけで嫌なんですよ。
ウールのものはとくにそうだし、チクチクするのも使うのは嫌いです。

怒ってばかりで疲れない?

なんかさぁ、怒ってばかりで疲れない?
って思ってしまうニュース。
丸亀製麺に対する本場香川県民の意見。
偽物だとかなんだとか、地元の人は複雑な気持ちがあるわけですね。
そもそも本場のうどんとか・・・
正直、どうでもいいです。
私自身はコシのないうどんが良いのでコシがある丸亀製麺はあまり好きじゃないです。
ただ、うどん以外に食べてみたいなと思わせるメニューがあるのは知っています。
もちろん香川県民全てが敵意むき出しということではないでしょう。
ネットで話題になっていたって、結局はごく一部の意見です。
かの国みたいにやれ、旭旗に似ているとかなんとかケチつけて勝手に怒りまくっている輩を思い出しました。
平穏な気持ちで生きていった方がいいと思いますよ。

実際には存在がしていない本

写真を送ると実際には存在がしていない本をつくってくれる、「ない本」というのがあるそうです。
Twitter上で公開してくれるとか!
裏表紙にはあらすじが書かれている
写真からのあらすじだから、本はもちろんない。
そのあらすじを読むと、こんな本が読みたいと思わせる。
日常の一コマがあらゆる種類の文庫本にしてくれる。
よくこんなビジネスを考えたなー。
あらすじまで考えるとなると、文才とか知識も必要ですよね。
元々ミステリー作家を目指していた人で、掲載されたことがあるなら実力もうかがえます。
ショートショートみたいって意見があって、たしかに!ってなりました。
まとめた本を出版しないかという話しがある。
やはり今はなんでもネットで話題になれば夢が開けるものなんですね。

ガンを公表して闘病

ガンを公表して闘病している芸能人にブログに突撃して逮捕された人がいるそうです。
気に入らないのであればブログを見なければいいし、その人の報道だって避ければいいのになんでそういうことをする人がいるんでしょうね。
私も嫌いな芸能人はいますけど、その人に対して「死ね」とか稚拙なメッセージを送ったことはもちろんないし、送りたいとも思いません。
嫌いだから避けるし、もしその人の幸せ報道があったら苛っとはしても、それでその人へ何かしたいという考えにはならないです。
加害者だけどある意味で自分の不幸を世間にさらしたようなものですね。
身内や知り合いにそんなことを知られる方が恥ずかしいのに。
人を傷つけると自分に帰ってくることを肝に銘じた方がいいです。